スクラムの勝利と言っては単純すぎると思いますが、それでもやっぱりスクラムが強くて勝った試合だと思います。
ヤマハマイボールスクラムのほとんどがパナソニックのペナルティになってて、パナソニックにハンドリングエラーも多く、ノッコンが即ペナルティになってしまうような試合だったんでそれは大変です。

パナソニックの3番はまだ経験の浅いヴァルで、首の強い稲垣も全然うまく組めてなかったんでめくりあげられて大崩れしてペナルティという形がほとんど。
ヤマハはフロントローの組み方が上手いというのもありますが、バックローまで全員でうまく中心に力をかけるような無駄のないスクラムでした。
3番が川俣に変わってもずっと同じパターンが続いたんで、試合中に修正できるような状況じゃないほど差があったように思います。
長谷川vs相馬という名物スクラムコーチ対決は長谷川コーチに軍配が上がった形。

改めてスクラムの大事さがわかった試合でしたし、もっと言うと強みがはっきりしているチームは強いという証明にもなっていました。
そういうハイコンセプトなチーム作りは、代表やサンウルブズ組が多いパナソニックには厳しかった模様。

もちろんスクラムだけでなく、矢冨と大田尾の味のあるゲームメイクも見事で、矢冨はサンウルブズを経て勝負勘ついてきて持ち前のランも更に活きていたし、大田尾の飄々としたボール捌きがパナソニックのディフェンスに的を絞らせません。
大田尾は特にキックの使い方が絶妙ですね。マレ・サウのトライが象徴していました。
五郎丸の穴を埋めるような五郎丸っぽいフルバックのヒーファーはキック力も申し分なく、ランに大変魅力ある選手。
ヤマハも全体的にまだマッチしていないプレーなどありましたが、それでも大一番で勝った実力は確実にありますし、優勝争いに絡んでくるでしょう。

パナソニックはルーキーがたくさん試合に出てて、特に13の森谷がランでもタックルでも安定していました。
山沢はほとんどバーンズにスペース与える形でパスしていたため、ランはまだ見られませんでしたがパス捌きはかなり正確なものがあります。
後半から出てきた藤田も持ち前のボディバランスの良さでゲインラインを切っていましたし、長谷川もパワーとスピードを兼ね揃えた魅力的なフォワード選手です。

ナイヤラボロの破壊力は間違いなく、2人でタックルするか詰めて止めるしかないため、確実にディフェンスラインを乱すことができる正統派インパクトプレーヤー。
もうこの人だけずっと見ていたいと思わせる魅力的な人物です。
195センチ125キロって。

詳しいゲーム結果やスタッツは公式にて。
リーグ戦 第1節 パナソニック 対 ヤマハ発動機 試合結果|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

今年すごい力入ってますね。
データマニアなんで助かります。