なんか今シーズンからトップリーグ全試合放送とかやりだして廃人まっしぐらなわけですが、放送見ててレフリーの声がよく聞こえるようになってるのも地味に嬉しかったりします。

これで平林さんの流暢な英語も麻生さんの方言も聞けて嬉しいですし、レフリーと選手のコミュニケーションが聞けるのは大変ありがたいことだと思っています。

ブレイクダウン周辺なんかは特に反則に解釈が絡んだりするんで、選手とレフリーの会話がよく起こるもので、その駆け引きが面白かったりするんですね。
選手が「この反則はわかってる」ということをアピールしておくだけでも印象はかなり違ってきます。

この前なんかはレフリーが選手に「さっきのいいスクラムだった」とか言ってて、他のスポーツだとこういうやり取りあまりないと思います。
いいスクラムとは危なくなくて反則が発生しなかったスクラムのことだと思いますが、こういう声が聞けると和みます。
別にラグビーに和みを求めているわけではないものの、和むところがあれば積極的に和んでいきたいです。

単純に声が聞こえないと何を揉めているのかとか、何を注意されているのかわからないんで、待ちの時間になってしまい退屈ということもあります。
「アドバンテージ」や「オーバー」の声なんか聞こえないとあれですし。
あと不要な息の音とかは全然聞こえないんでストレスもないです。
前に某球技場でずっとレフリーのマイクを会場に流していましたが、はあはあはあだけで大変あれなことになっていました。

今年からの大きな違いとしてTMOとメインレフリーの会話がくっきり聞こえるようになったことがあります。
前もボソボソは聞こえてましたが、こんな感じでやってんのかと雰囲気が味わえて良いです。
ぶっちゃけ意外とゆるい感じに聞こえるシーンも多かったです。
TMO側が「トライでいいと思います」などとあまりはっきりしない物言いをするのも意外でした。
お前が決めろつってんのになんだその曖昧な言い方は、みたいな喧嘩になってもおかしくなさそうでしたが、そういうものなのでしょうね。
そういう喧嘩も聞いてみたい気がしないでもないですが、和まないのでやめてほしいです。