ブルーズがサンウルブズを、じゃないですよ。
スコアは48-21。
48がサンウルブズですよ。
試合のビデオ今から見る人、サンウルブズのトライが全部ブルーズっぽいトライに見えるかもしれませんが、サンウルブズのトライです。

先日ゆるいラグビー好きの人と話してたら「ブルーズって前勝ったんでしょ?余裕だね」というフレーズが出てきて、ブルーズにも勝てばブルズとブルーズを混同するような事案も避けれるなと思っていたので本当によかったです。

序盤、激しくタックルは決まっていたものの、下のボールの反応は相変わらず相手の方が早く、先制トライはブルーズでした。
もっと広く早くオフロードとかでやられるかと思ってたらフォワードでゴリゴリ着実に取られて、舐めてくんねーなって気がしてやばいと感じた人も多いんじゃないでしょうか。
その後も今シーズンよく見たミスから一気にいかれるトライをとられ、ちょっとやばいかなと思ってるところからもサンウルブズは低く早くタックルし続けました。
さすがに簡単に絡ませてはもらえませんが、二人目の反応がすごいよかったので球出しを遅らせてたのもでかかったです。

そこからサンウルブズは1本返します。
キックで相手を背走させてバテたところをフォワードがサイド突いてドンというキック戦術のお手本トライが最後に見れて本当によかったですね。
その後はゴール前ポロリとかインターセプトトライ献上とかいつもの流れっぽい感じを出しつつも、決定的に違ったのは前半の終わり方。
接戦してても前半の終わりで取られてあちゃーって感じで折り返すことの多かった今シーズンですが、今日はトライを取っておわりました。
21-14ながら、流れを手にした終わり方。

だから後半最初もトライできたし、2点差まで詰めて得点圏からPG狙って逆転できたのにラインアウトモール選択したし、相手一人少ないのを活かしてトライもでき、矢野実況から「ウルフパック」という謎用語も飛び出しました。

その後はリザーブ組の茂野が頑張ったり山中がダッシュしてトライしたりラファエレがチャージからそのまま抑えてハットトリックしたり徳永が大外でタッチギリギリのキックパス受けてそのままトライしたり何か異常な物を見てる感じでした。
後半は1点も許さず突き放しモード。
突き放しても顔に緩みは見えず、クソ暑い中最後まで徹底してディフェンスとスイープに徹していました。

ちょっと最高すぎて笑っちゃうレベルで、いつもはサンウルブズがやられてることを全部強敵にやり返した感があって漫画みたいでしたね。
庭井が足怪我したのはかなり心配ですが、僕含めて彼に期待していた人は少ないと思います。
今日出ていた中だと内田、松橋、イラウア、日野、ウヴェ、このあたりは急成長しました。
負ける度にティアティアは「若手の経験になった」といい続けて批判されましたが、その結果を文句なしに見せつけて彼も嬉しいことだと思います。
ジャパンとメンバーをやりくりする中で本気メンバーならこれぐらいやれんぞってとこ見せたので、来シーズンはこれをコンスタントにできることが目標でしょう。
スーパーラグビーに参加してる以上言い訳は効かないし、来年からはよりジャパンと連携するメンバーになるだろうから期待できます。
今日負けてたら来シーズン開幕までネガティヴな空気が拭えなかったし、最高の形で勝てて本当によかったです。

Hubでよく話をするフランスの人が「サンウルブズ、ナゾのチームすぎるヨ!」と言ってました。
これだから応援するのも見るのもやめれません。
皆さんおめでとうございます。特に猛暑の中観戦してた人、歴史の目撃者です。