先週の試合見てパナソニックのスクラムに不安を覚えましたが、ヤマハが異常だっただけで別に大丈夫っぽいです。
相馬コーチもいつも通りしか組んでないと言ってたみたいで、逆にヤマハのヤバさが際立ちます。
稲垣と山下の首の取り合いはかなり見応えありました。

リーグ戦 第2節 神戸製鋼 対 パナソニック 試合速報|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

両チームともコントロールが行かないキックが多く、特にパナソニックのハーフ団が苦戦していました。
バーンズのゴロパンから藤田のトライかと思われた場面もオフサイド。
でも藤田やっぱり早いなって思わされるシーンでしたね。
バーンズはもちろん中継した森谷も周りがよく見えてるパス捌きで素晴らしかったです。

山沢はまだちょっと硬いのかパスがほとんど浮いてて、バーンズまでもコントロールが定まらなしラインアウトもほとんど取れないというパナソニックにはフラストレーションたまる展開だったと思いますがラックの連続攻撃であっさりトライ。

神戸は山中がキビキビ動いてて、ディフェンスでも相手のキックへの反応とかすごいよかったです。
後半の後半は神戸が攻める場面も多く、ゴールラインに迫るものの全てノッコンで終わるという。強い時の神戸はここを取り切ってひっくり返せれるんですけども、今日はダメでした。
でもあれ、バイフが入って確実に流れが変わっててよかったです。バイフなんか体型も変わってて一皮向けた感じ。パンツも剥かれそうになる場面もありましたね。

パナソニックは最初キックもパスも調子悪かったバーンズがだんだん調子取り戻してきて、バーンズ基点にガンガン攻めてました。
試合中に修正できるのが世界レベル感です。
外にナイヤラボロがいるのもでかくて、ナイヤラボロを1人で止めるのが不可能なためどうしても外にディフェンスがいってしまい、その隙をバーンズが付くというこれは強いですわ。
そしてダミーにも萌えがあるナイヤラボロ。好き。