マーダーボールとか言うとトゲトゲのついた鉄のボール投げて殺しあうみたいなSF映画かと思いますが、ドキュメンタリー映画です。

エイベックス・ピクチャーズ 2007-03-21
¥ 6,632

しかもみんな大好きラグビー選手のドキュメント。
マーダーボールとはウィルチェアラグビー(車椅子ラグビー)のことで、あまりに激しいことから実際にマーダーボールと呼ばれていた時期があります。

ボールはラグビーボールじゃなくて、どっちかってとバスケに近いルールなんですが、タックルの激しさは尋常じゃなく、転倒したりするし危険度も高いです。

このドキュメンタリーは撮影と編集が上手くてその迫力がかなり伝わります。
車椅子の車輪に鉄板みたいなのが貼っててそれがボコボコにへこんでるのもかっこいい。

車椅子ラグビー用の車椅子作ってる職人も「マッドマックスに出てくるような殺人マシンに改造してやるZE」とノリノリであります。
スクリーンショット 2016-08-30 19.54.38

出てくる選手は異常に明るく、24時間テレビ的な湿っぽい障害者ドキュメント感は皆無。
なんか「前向き」とかでもなく、普通に一度見たら忘れられないキャラクターが揃ってて彼らを見てるだけで楽しい映画です。

そんな彼らが一番楽しそうに話してるように見えたのはラグビーの話じゃありませんでした。
どこで一番盛り上がるかはお楽しみに。

皆さんイケメンだし奥様も美女。
この映画からトークスキルを学んで美女を手に入れましょう。

ドキュメンタリーとしても大変よくできている映画だと思いますが、やっぱりラグビーシーンの迫力がすごいです。
音楽もメタルな感じで車椅子同士がガチャガチャクラッシュするおもろいとこだけ編集してる感じがたまりません。

これ見たらウィルチェアラグビーのことだいたいわかると思いますし、パラリンピック前に是非。

amazonビデオだと安く見れてオススメです。