スコアは13-35

ロックに怪我人大量でまさかのトンプソンルーク。
まさかの80分フル出場でスーパータックル連発。
自称おじいちゃんが世界ランク3位の巨漢どもを次々に仰向けにひっくり返しておりました。

そのおかげもあって、4〜8をフィジカル重視で固めたこともあって密集サイドやモールのディフェンスはかなり改善されていました。
松橋や稲垣あたりもかなりタックルいってたし、渡辺やウヴェの突進も効果的に機能していました。

その分フィジカルに課題があるSO小倉付近を狙われビッグゲインを許す展開が前半何回もあり、ミスから一気にトライを許すことも。
世界的にSOのディフェンスが重要視されてることがよくわかる感じで、カバーはうまくいってた部分もあるんですがまだまだきついところ。

それでも後半のディフェンスは素晴らしかったです。
暑い中どっちもバテてたはずなのに、ジャパンがしつこくディフェンスにいってアイルランドらしくない軽いパスを誘ってターンオーバーも何度か。
福岡と野口のトライセーブも目立って全体的にかなり粘っていましたね。

カウンターやキックチェイスからいい形でボールを奪うことはできたものの、フォロー遅れやイージーミスでトライは2本止まり。
格上にミスしてたら勝てないってのは当たり前ですが、大事なセットプレーでもミスが出てたのは惜しかったです。

でもキック戦術が間違いじゃないって事を証明するような展開もいくつかあり、正確なキックと地道なチェイスさえあれば安心して見てられます。

アイルランドはその上を行くキックの使い方で、セクストンやマレーがいればもっと翻弄されそう。
ライオンズ組がいないとはいえ、6ネイションズ出てたメンバーも多いアイルランドですからそこまで悲観しなくてもいい気もしますがそれでも今のままじゃ絶対勝てません。
本当に一筋の光がチラッと見えたような試合でした。
ジャパンがあんだけディフェンスいってもこの点差になってしまいます。