スコアは50-22
前半に崩れてしまったのが痛かったです。

サンウルブズからルーマニア戦も同じでしたが、やはりフォワードで圧力を受けるときついという流れでした。
スクラムではマイボールを奪われてトライまでいかれるなどなかなか厳しい感じでした。
ラインアウトは大幅に改善されており、後半は色々カバーできてたりしたものの、モールディフェンスなどまだまだ課題は多いです。

アタックではビッグゲインした後のフォローが遅れたりとフィットネス面でも課題ありますね。
サンウルブズやってるとテストマッチシーズンにフィットネスに特化した強化ができないので2019に向けてどうにかしなきゃいけないことの1つでしょう。

トライは3つとも素晴らしかったです。
アイルランドは明らかに疲れてましたがそこで頑張れたのは大きいと思います。

個人としては野口が完全に代表クラスになった感じですね。
キャッチ、キック、パス、ラン、フォローからのスイープと全てのプレーで高水準でした。
トライも当たり前に見えましたね。

流がフル代表デビューでしたが、後半からやらなきゃいけないさばきをよくわかってる感じでテンポアップに貢献していたと思います。

徳永も徐々に15人制にフィットしてきた感があり、セブンススキルのハイボールやルーズボールの強さを見せていて、ビッグゲインもありました。
ディフェンスはキックオフやチェイスなどスピードを活かした活躍をしていて、自分なりの7番としての役割を理解している感じあります。

とにかく課題はディフェンスです。
キック戦術を使う以上1対1、2対2のディフェンスができないときついものがあります。
見てるとキープし続けた方がいいんじゃねって感じもしますが、ようやく何かが見えだした所だと思うので戦術は変えずにディフェンスを強化する方向でいってほしいですね。

来週勝てるかってーとかなり微妙ですが、修正力は今のジャパンの大きな強みなので期待0ではないです。