リーグ戦 第3節 NTTコム 対 NEC 試合結果|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

アンストラクチャーからの攻守がゲームの鍵になってたような印象です。
NECは一定のとこまで抜けるけどトライまでなかなかいかないし、ディフェンスではターンオーバーやルーズボールから一気にゲインされるなど、少し意識の差が出ていました。
数字的にはそんな変わらないんですが、NECの方がまずいボールの手放し方してたって印象あります。

なかなかプレーが途切れない展開が多かったんでスタミナの差もあったように見えます。
フェイズが続いた時にずっと低くタックルできるチームは強いです。

Nコムは持ち前の外使うラグビーで、特に2本目のトライがよかったです。
友井川が抜け出してロスがハーフの代わりして外まで回ってタッチライン際でマフィのオフロードがカラウリアヘンリーにトライ。
今のところ今シーズンベストトライかも。

NECも自陣からゴリゴリ繋いでトライしてたのすごいよかったです。
ほとんどのブレイクダウンを田村が作っていて存在感見せてました。かなり前が見えていて、キックはやめて繋ごうという意識が見えました。

今シーズン大注目のNコム小倉は今日も素晴らしかったですね。
パスもキックも本当にコントロールが良くて、キックは飛距離も出ます。ゴールキックもパーフェクト。
あとやっぱりカラウリアヘンリー半端ないっす。
マフィと二人軸になるとすげえゲインできます。てかマフィのハンドオフすげかったすね。

最後はマフィ→羽野と二連続タップパスがウイングの小泉に渡ってトライ。
羽野もオリンピックから帰ってきてさすがのキレでした。

Nコムだんだん仕上がってきて楽しみですね。
NECは少し心配ですが、戦力的にそこまで問題とも思えないんでこれからやってくれるでしょう。