怪我人が少し気になるところに、アフロシートで迎撃してくるNECは少し怖かったですが最後にボーナスポイント取り戻して連勝。

リーグ戦 第7節 NEC 対 サントリー 試合結果|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

立ち上がりは今シーズン一番と言っていいほどテンポよかったんですが、なんか取れそうで取れない感じでした。
流にミスが多かったですね。ブレイクダウン勝ってるけど丁寧さが欠けている感じでした。

小野のキックパスから竹下のトライとかすごいよかったし、中づる(雨冠に隹・鳥の順)のスピードを活かしたトライも最高でした。
というかトップリーグの中ではウイングとして最高では?
ジョセフさんも見にきていたし今からでも選ばれませんかね。

攻めてる割に3トライ19点で折り返し。

後半は1本取ってからNECに2本連続で取られてまずい雰囲気に。
NECはなんか急にキビキビ動き出して、ホームの勢い出て良い攻撃でした。

2本取られて3本差以上のボーナスポイントが消えてしまい、最後の攻めのサントリー。

この日好調だったスクラムでゴール前ごりごり押して、8に入ってたツイが足でボール挟みながらキープする曲芸を披露しそのままトライ。
ボーナスポイント復活。

ボーナスポイントは結構意識しないといけなくて、サントリーは7勝で勝ち点32点、一位のヤマハは34点。
サントリーが4試合、ヤマハが6試合ボーナスポイント付きで勝ってます。

仮に勝ち点が5点差とか離れちゃうとヤマハとの直接対決で勝っても優勝できないなんてこともあるわけです。
あと、サントリーはまだ神戸トヨタ東芝コムと厄介な相手が残ってるんで、取れるときには取っておきたい感じあります。

そういう意味で最後の最後で取れたのはでかくて、早く優勝も決めていただきたいものですね。